3月に入って、畑でよく見かけたのが、てんとう虫のナナホシテントウです。

 

 

てんとう虫はアブラムシを食べてくれるので、家庭菜園やってる私たちにとっては嬉しい益虫!

 

しかしこの日、6〜7匹見かけたので、アブラムシが相当いることが予想される;いっぱい食べてくれ〜

 

てんとう虫はアブラムシを食べる事で卵を産むことができるそう。切っても切れない仲なんだね。

 

この花にとまっているナナホシテントウは、見つけた時は手足を縮こませ、死んだふりをしていました(私は死んでるかと思った)。

 

あと、こんなに可愛い見た目と裏腹に、アルカロイドという毒を持っているそうです。体から出す黄色い体液。

 

これは相当苦い。実はてんとう虫の血液。外敵から守るために血圧を一気に上げ命がけで出すそう。

 

なので、鳥からは襲われる事がない。防衛力もしっかり兼ね備えているんだね。

 

命がけで血液を出すので、むやみやたらに触らないほうがいいね。

 

アルカロイドは調べてみると、コーヒーのカフェイン、ジャガイモの芽のソラニン、タバコのニコチン、モルヒネもそう。

 

てんとう虫の寿命はだいたい、20日で成虫になり、2ヶ月ほど生きる。

 

てんとう虫の幼虫は実物見た事ないけど、ネットで見たらなかなかグロい。

 

実は見かけているかもしれないけど、まさかてんとう虫の幼虫だとは思えないのかもね?

 

秋に成虫になったてんとう虫は越冬もするんだって!

 

虫世界では、肉食だし毒を持つ防衛力もあるし冬を越せる体力もあるから、可愛いのに最強だ。

 

うちの畑で見かけたそんな最強虫ナナホシテントウの動画をペタッと貼っておきます。

 

ちょっと不思議な行動をします。片方だけ?

 

 

 

 

 

裏庭の木棚の中にキマダラカメムシがいました。

 

一瞬、ゴキブリ?と勘違いしましたが…寒さをしのいでたのでしょうね。

 

こげ茶の模様がとっても独特です。カメムシの一種ですがいかにも外来種のカメムシって感じ。

 

台湾や東南アジアから来ているようです。

 

サクラやフジなどを食草としているようなので、まさに今の時期に出てくるんですね!

 

一瞬不気味に見えますが、動きが可愛いやつです。

 

これは、成虫です。

 

幼虫はもっと鮮やか。老熟幼虫は変化してまた違う色と模様になる。そして成虫はこのようにこげ茶というか黒褐色になる。

 

成長するにつれてどんどん変化するのが面白いです。虫の模様って面白い。

 

今度幼虫を見つけたら写真を撮ってみます。

 

名前に「キマ」が付くのも、きまこ堂としては、愛着が湧きますね。

 

キマダラカメムシの可愛い動きの動画をペタッと貼ります。

 

 

 

 

2月、やっと本格的な冬を感じますね。今日は寒いです。

 

裏庭に、灰色の鳥がやってきました。

 

調べてみると、どうも「ヒヨドリ」のよう。

 

全体的に灰色で頰が赤茶色なのが特徴?みたいです。

 

 

ネットの記事で読んだのですが、ヒヨドリは日本近辺にしかいない鳥らしい。

 

さらにびっくりしたのが、鳥は人間以上に色覚が優れているそうな。

 

色彩感覚は何よりも人間が優れていると思っていた自分…なんと無知だったか…

 

自然を知りたい、地球をもっと知りたいと思う、今日この頃です。

 

ヒヨドリに口笛を吹いてみたら…反応してくれた動画をとりました。

 

ペタッと貼っておきます。

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

2020年の一発目は


カマキリのカマ夫とカマ美が出会ってしまった(10月ころ)動画を貼っておきます。

 

ハプニングはつきものですね。

 

動画を見て改めて、やはり虫も人間と同様、オスとメスは大いに違いがある事がわかりました。

 

メスのカマ美がカマ夫に近づいて行きました。

 

続きは、動画でどうぞ!!

 

 

 

カマ夫動画、第三弾!!

 

ドジで臆病で母性本能くすぐるカマ夫の動画を集めました。

 

 

このカマ夫は、バッタよりも蝶や小さいサイズの飛んでる虫が好みのようです。

 

同じ種類のカマキリなのに、それぞれ特徴が違うのが面白い!虫の世界も唯一無二なのですね。

 

カマキリの雄のカマ夫、第二弾の動画を載せます。

 

こちらを見ながら?蛾を食べている!

 

 

 

雌のカマ子やカマ美とは、また違った食べ方をします。

 

カマ子は丸ごとペロリなんでも食べていましたが、このカマ夫は偏食家っぽいw

 

カメラ目線で蛾を喰らう動画を撮りました。

 

 

この猫、模様が面白かったので、チャリンコから降りて思わず写真撮りました!

 

 

画像が荒くて見にくいですが…

 

口元が黒いのです。

 

 

ノラ猫のようで、近づいたら逃げちゃいました。

 

一見、人相(猫相?)悪そうに見えるけど、実物は意外にポチャっとしてて可愛かったです。

 

この写真だと口髭ダンディーな強面俳優っぽい。

10月の話になりますが。

 

カマ子とカマ美の後に、カマキリの雄、カマ夫が登場しました。

 

この子も暫く、10日位かな?我が家の裏庭に住んでいました。

 

 

雌のカマ子やカマ美に比べたら、全体的に細っそり、丈も小さめです。

 

胸の部分がオレンジなので、この子もチョウセンカマキリですね!

 

なぜか、我が家の裏庭はチョウセンカマキリばっかり住みつくようですw。合ってるのかな?

 

観察していると、雌とは特徴が違います。

 

 

雌に比べると少食だし、臆病、飛ぶ回数が多い、比較的小さめの虫を捕食します。

 

でも、なんだか母性本能くすぐるような、可愛い一面もあります。

 

そんな動画を撮りました。

 

 

 

 

 

冬真っ盛りの12月。ちっこいバッタがいました。

 

 

おそらくオンブバッタのオスかな?

 

 

おんぶしてくれてたメスからはぐれちゃったか、メスが死んじゃったのか、この子1匹だけいました。

0.7mmずつコツコツ前進しています!!

 

 

一見弱々しそうに見えるけど、しっかりハイジャンプしていました!!

 

すごい長い後脚がハイジャンプの元のようです。

今日も

 

自転車置き場

 

10番で

 

奴は

 

見張っています。

 

 

 

「綺麗に駐輪しろよ。」

 

と指導されてる気分…