裏庭の木棚の中にキマダラカメムシがいました。

 

一瞬、ゴキブリ?と勘違いしましたが…寒さをしのいでたのでしょうね。

 

こげ茶の模様がとっても独特です。カメムシの一種ですがいかにも外来種のカメムシって感じ。

 

台湾や東南アジアから来ているようです。

 

サクラやフジなどを食草としているようなので、まさに今の時期に出てくるんですね!

 

一瞬不気味に見えますが、動きが可愛いやつです。

 

これは、成虫です。

 

幼虫はもっと鮮やか。老熟幼虫は変化してまた違う色と模様になる。そして成虫はこのようにこげ茶というか黒褐色になる。

 

成長するにつれてどんどん変化するのが面白いです。虫の模様って面白い。

 

今度幼虫を見つけたら写真を撮ってみます。

 

名前に「キマ」が付くのも、きまこ堂としては、愛着が湧きますね。

 

キマダラカメムシの可愛い動きの動画をペタッと貼ります。

 

 

 

 

コメント
コメントする